クレバリーホーム名古屋東店

052-806-8096
株式会社パオ
お問い合わせ
Contact

お客様の声
Voice

ご両親が購入した建売住宅から、クレバリーホームの二世帯住宅に住み替え、
生活がガラリと変わったという上原様ご一家にお話を伺いました。

愛知県小牧市上原様邸
[構造・規模]木造2階建て、外壁総タイル張り
[家族構成]奥様のご両親、夫婦、子ども3人、犬1匹

Q: クレバリーホームで家を建てたのはなぜですか?
旦那様:わたしは建築関係の仕事をしているので、これまでたくさんの住宅を見てきました。いざ自分が家を建てることになったときに、決まった予算の範囲内で品質にも優れた家を建てたいと考え、最初に思い浮かんだのがクレバリーホームでした。

奥様:主人と大高にあるモデルルームへ行ってクレバリーホームの家を見て、わたしも一目で気に入りました。いろいろ比較検討しようと思っていたんですけど、その場で即決するほど、家の外観も内装もイメージにぴったりだったんです。

旦那様:内装や間取りの相談をした際に、リビングダイニングの間取りを工夫してもらったり、屋根裏収納を増やしてもらったりと、値段のわりにわがままも聞いてもらえたことも、クレバリーホームにする決め手になりました。

吹き抜けのリビングダイニング。天井が高く、2つの空間が仕切りなく繋がっているので、開放感があります

Q: 家づくりで重視したのはどんな点ですか?
旦那様:家族が集まれるスペースが欲しいということ。1Fは間仕切りのないリビングダイニングにして、リビングスペースにはソファを置いて応接間に、ダイニングスペースには琉球畳を敷いて居酒屋の小上がり席のようなスペースを作りました。

奥様:家を建てる前は、わたしの両親が購入した建売住宅に二世帯で住んでいましたが、昔の建売住宅にありがちな細々とスペースが仕切られた間取りだったので、この家を建てるときは、なるべく仕切りがなくて、どこにいても家族が顔を合わせられるような家にしたいと思いました。リビングダイニングを吹き抜けにしたり、2Fに上がる階段をリビングに設置したりすることで、家族みんなの気配が感じられる、思い描いていた通りの家になりました。

旦那様:祖父は足が悪いので、祖父母が暮らすスペースにもトイレやミニキッチンをつけて、お風呂もなるべく祖父母の部屋から近い場所にするなど、水回りの配置にも気を使いました。

リビングに階段があり、階段下には奥様の事務スペースを確保。デッドスペースを有効活用しています

Q: この家に暮らしてみて、住みやすさはどうですか?
奥様:建て売りに住んでいたときのことを考えると、生活はすっかり変わって住みやすくなりました。この家だと家族みんなが自然と畳のスペースに集まっていることが多いんです。2階に子ども部屋はありますが、子どもたちはあまり2階へは上がらず、宿題もわざわざダイニングテーブルに持ってきてやっています。キッチンの目の前がダイニングなので、キッチンで作業をしながら子どもたちとおしゃべりしたり、宿題をしているのを見たりできるのも気に入っています。

旦那様:この家を建てて、子どもの友達がよく遊びに来るようになりましたね。前の家では友達と遊べるようなスペースはなかったんですが、今は階段を上がったところにフリースペースがあって、よく子どもたちが友達とゲームをしたりして遊んでいます。

左)子ども部屋は2階。将来的には3部屋に仕切ってプライベートルームにできる仕様になっています
右)2Fに上がってすぐのフリースペースは、子どもたちの遊び場

Q: クレバリーホームにしてよかった点はありますか?
旦那様:一番は予算内で外壁タイルにできたことですね。サイディングの壁は5年、10年経つとメンテナンスが必ず必要になりますが、外壁タイルは耐久性があって、手をかけなくてもいいので、値は張りますが長い目で見ると価値は高いです。

奥様:家を建てて5年ほどですが、まだ外壁は汚れや劣化がなくてキレイなままです。また、前の家に比べて、冬は暖房を入れなくても底冷えするような寒さはなく、夏は風が通るので快適です。

旦那様:クレバリーホームの家は断熱材や気密シートがしっかり入っているので、その辺はしっかりしています。吹き抜けにしたので、冬はさすがに寒いだろうと思っていましが、そんなこともなく驚きました。

奥様:キッチンもいいですよ。クレバリーホームで標準のクリナップのキッチンですが、収納も多くて使いやすいです。キッチンから家族の様子に目が行き届くのも安心です。

キッチンの目の前に、家族が集まる小上がりのダイニングがあり、キッチン越しに子どもたちとの会話も弾みます

Q: これから家を建てる人にアドバイスはありますか?
旦那様:家づくりは一生に一度のことなので品質を妥協するのはよくないし、かといって予算に合わない家を建てるわけにもいかない。現実的に考えながら、予算なりの家ではなく、予算以上の家を建てると満足度は上がると思います。

スタッフブログBlog