コラム
Column

2023.11.28

家づくり

犬派?猫派?それとも魚?マイホームで生き物を飼うときに取り入れたい住まいの工夫

こんにちは、クレバリーホームです。

今回は、マイホームで生き物を飼うときに、取り入れておきたい工夫やプランニングのコツを家づくりのプロが解説!マイホームが完成したら「ペットを家族として迎えたい」と思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

【実例つき】猫を飼うならこんな工夫を!

猫も幸せに暮らせるマイホームを建てるなら、キャットウォークやキャットタワーをあらかじめ計画しておくと、見た目もオシャレな仕上がりに。

例えば、こちらのお客さま邸は、LDKの柱をキャットタワーにアレンジ

リビングで家族がくつろぎながら、キャットタワーに登る猫ちゃんの様子を眺められる幸せな間取りです。さらに、リビングのテレビの背面には収納スペースをつくり、猫ちゃん専用の通路もお作りしました。

猫ちゃんたちのトイレを置けば、猫砂がリビングに飛び散ることも防げます。また、収納スペースには猫グッズをしまっておけるので、リビングもスッキリ!

リビングの壁はマグネットが貼れる仕様にし、マグネットで好きな場所に設置できるリクシルのキャットウォーク『猫壁(にゃんぺき)』を採用しました!

【実例つき】犬を飼うならこんな工夫を!

大型犬を飼うのか小型犬を飼うのかによっても、プランが変わってきますが、犬を飼うなら愛犬がお散歩帰りに足を洗えるように、玄関の中に水道があると便利です。

また、暑いのが苦手な犬種なら、タイルの床をリビングの近くに作ってあげるのもおすすめ。ひんやりとした床の上でお昼寝できます。

他にも、ワンちゃん専用のスペースを確保したり、ドッグランとして使える庭への動線を工夫したりするのもおすすめです。

【実例つき】魚や爬虫類を飼うならこんな工夫を!

魚の水槽を置く予定があるなら、重い水槽に耐えられるよう床の補強は必須!

また照明やポンプ、ヒーターなど水槽にたくさんの機器をつけるならコンセントの数もしっかりと計画しておきましょう。

水槽の水交換やお掃除をする際に、水がこぼれてしまっても大丈夫なように、防水対策もしておきたいところ。特にお魚の水槽をたくさん置く予定があるなら、家づくりのプランニング段階で担当者に伝えておきましょう。

――ペットとの暮らしを楽しむマイホーム。注文住宅だからこそできる工夫を盛り込んで、人もペットもハッピーになれるお家づくりを始めましょう!

★施工事例はこちら

https://www.cleverly-pao.com/works/

♪YouTubeチャンネル開設しました♪
クレバリーホームの各展示場をYouTubeでも公開中☆
https://www.youtube.com/channel/UCsVnjTCnybVCwCgG3n2m6tQ/videos

\クレバリーホームの展示場を見に行こう♪/
▶︎▶︎ご来場・ご来店予約はこちら▶︎▶︎▶︎
以下ページWebから3日前までにご来場予約いただいた方には特典も♪

*この特典は家づくりに真剣なお客様を対象とさせていただいています。
*ご家族様1組につき、新規ご来場1回限りの特典となります。すでにいずれかのクレバリーホームの展示場にご来場いただいている方は特典対象外となります。

展示場紹介

豊田秋葉展示場
豊田市秋葉町3丁目71
長久手展示場
長久手市岩作長鶴50 CBCハウジング長久手住まいの公園
蟹江展示場
愛知県海部郡蟹江町北新田1丁目60番地
名駅北展示場
名古屋市西区菊井1丁目23-18 CBCハウジング名駅北展示場
小牧中央展示場
小牧市間々原新田字下新池978
東郷春木展示場
愛知郡東郷町清水2丁目10-4
名古屋東展示場
名古屋市天白区植田東3-1101(植田東小学校前)

関連コラム

SNSフォロー

人気記事