コラム
Column

2023.12.21

家づくり

玄関の土間タイルは何色にする?色別の特徴や掃除のしやすさを解説!

こんにちは、クレバリーホームです。来客を出迎える玄関は、いつもきれいな状態をキープしておきたいものですよね。シューズクローゼットなど収納で綺麗な玄関づくりを考えるだけでなく、ぜひじっくりと検討しておきたいのが玄関の「床」です。
タイルを使うことの多い玄関の土間スペース。タイルの色は一体何色がいいのか、色別の特徴や選び方のアドバイスをお届けします。

玄関タイルの色別特徴

濃いめのグレーやライトグレー、白、黒などいろいろな色から選べる玄関タイル。
どの色を選ぶかは、住まいのデザインだけでなくライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。まずは色別の特徴を解説しましょう!

グレーの玄関タイル

色の濃さで印象がいろいろ変えられるグレーのタイル。
ホテルライクな雰囲気にしたいなら、濃いめのグレーに。ナチュラルで明るい印象にするなら薄めのグレーというふうに使い分けられるのも魅力です。

そんなグレーのタイルの特徴は、汚れが目立ちにくいこと!
砂埃や白っぽい汚れが目立たないようにしたいなら、淡い色のグレーにすると良いでしょう。

モルタル土間も最近人気ではありますが、モルタル床は長く使う中でヒビやシミができてしまいます。長く綺麗な状態を保ちたいなら、グレーのタイル、おすすめです。

ちなみに、ダントツ人気の色は、やっぱりグレー。どんなデザインのお住まいにも合わせやすく、汚れが目立ちにくい点が支持されています。

ベージュの玄関タイル

砂埃などの汚れが目立ちにくいタイルの色としてもう一つ選択肢に入ってくるのがベージュやアイボリーのタイルです。木をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気の玄関とも相性が良く、クレバリーホームの外壁タイルなら白と合わせてみるのも素敵です。

レンガ色の玄関タイル

南欧風の住まいと相性がいいのが、レンガ色のタイルです。
赤みがかった色(テラコッタカラー)の屋根と白い外壁、そしてレンガ色の玄関タイルでコーディネートすれば、まるで海外のお家のよう。

リビングと庭を繋げるタイルデッキも同じ色で揃えれば、統一感あるお住まいにコーディネートできます。

玄関タイルのサイズで雰囲気を変えるのもおすすめ! 

玄関のタイルを選ぶ際には、色だけでなくサイズにも注目してみましょう。
一般的なお住まいで使われている玄関タイルは30cm角が標準サイズ。少し高級感を出したいなら、30cm×60cmのサイズを選んでみるといいでしょう。
少しコストはかかりますが、とても高級感があり、ホテルライクなスタイルのお住まいにとてもよく似合います。

クレバリーホームの展示場でも使っていることが多い玄関タイルなので、ぜひ注目してみてくださいね!

展示場紹介

豊田秋葉展示場
豊田市秋葉町3丁目71
長久手展示場
長久手市岩作長鶴50 CBCハウジング長久手住まいの公園
蟹江展示場
愛知県海部郡蟹江町北新田1丁目60番地
名駅北展示場
名古屋市西区菊井1丁目23-18 CBCハウジング名駅北展示場
小牧中央展示場
小牧市間々原新田字下新池978
東郷春木展示場
愛知郡東郷町清水2丁目10-4
名古屋東展示場
名古屋市天白区植田東3-1101(植田東小学校前)

関連コラム

SNSフォロー

人気記事