コラム
Column

2024.01.18

家づくり

人気のリビング階段って実際どう?リビング階段のメリット・デメリットまとめ

こんにちは、クレバリーホームです。

高い天井と開放感が得られる吹き抜けのリビング階段。家を建てるなら憧れているという方、結構たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなリビング階段も、ライフスタイルによっては合う人・合わない人がいるのも事実。
そこで今回は、リビング階段を取り入れた間取りのメリットとデメリットをまとめてみました。

リビング階段のメリット

リビング階段とは、リビングに2階へと上がる階段がある間取りです。
吹き抜けのリビングに組み合わせることも多く、人気の理由はいろいろありますが、次のようなメリットや魅力があります。

開放感がありリビングが広く見える

吹き抜けリビングとリビング階段を組み合わせると、縦方向への広がりが生まれてLDKに開放感が生まれます。視界が開けた空間はとても広々とした印象になるのが魅力です。

コミュニケーションがとりやすい

また、1階にいる家族と2階にいる人とのコミュニケーションがとりやすいのもリビング階段のいいところ。
1階のLDKから「ご飯だよ〜」と2階の子ども部屋に声をかけやすくなるなど、フロアが違ってもお互いの存在感を感じられるという安心感があります。

おしゃれな空間が作れる

リビング階段の手すりをアイアンにするなどすれば、階段もインテリアの一部に。
とてもおしゃれな空間を演出できます。また、開放感だけでなくリビング階段上に窓を設ければ、日当たりの確保が難しい立地でも、リビングに日差しを届けやすくなる点もメリットと言えるでしょう。

リビング階段のデメリットと注意点

心地よい空間やおしゃれなリビングが演出できるリビング階段ですが、ライフスタイルや過ごし方によっては、ストレスの元になってしまうこともあり得ます。次のようなデメリットや注意点も知っておきましょう。

来客時に生活感が丸見え

例えば、子どもが友達を家に呼んで、子ども部屋で遊ぶとき。
リビングにある階段を通って2階へと上がらないといけません。休日に、パジャマや部屋着のままリビングで過ごしているときに、来客と顔を合わせるのが嫌ならリビング階段は避けた方がいいかもしれません。

1階の音が2階に響きやすい

リビング階段のある間取りは、各フロアの音が他のフロアに響きやすいのもデメリットの一つです。
例えば、リビングのテレビの音が2階の寝室でも聞こえてしまうことも。夜勤明け、家族が起きている時間帯に、1人だけ寝室で眠る…というようなライフスタイルの場合は寝室の位置や音対策を考えておく必要があります。

おしゃれで開放的なリビング階段。マイホームに取り入れる際には、ぜひメリットだけでなくデメリットや注意点にも目を向けて、じっくり検討してみてくださいね!

展示場紹介

豊田秋葉展示場
豊田市秋葉町3丁目71
長久手展示場
長久手市岩作長鶴50 CBCハウジング長久手住まいの公園
蟹江展示場
愛知県海部郡蟹江町北新田1丁目60番地
名駅北展示場
名古屋市西区菊井1丁目23-18 CBCハウジング名駅北展示場
小牧中央展示場
小牧市間々原新田字下新池978
東郷春木展示場
愛知郡東郷町清水2丁目10-4
名古屋東展示場
名古屋市天白区植田東3-1101(植田東小学校前)

関連コラム

SNSフォロー

人気記事