コラム
Column

2024.02.08

家づくり

コンパクトな土地での家づくりで考えておきたいポイント3つをプロが解説

こんにちは、クレバリーホームです。
名古屋市内など街中は、住宅用地も面積がコンパクト。だからこそ、小さな土地という条件を考えた家づくりが大切になってきます。

そこで今回は、コンパクトな土地で家を建てる際に考えておきたいポイントについて、プロが解説します。

コンパクトな土地に家を建てる際のポイント

コンパクトな土地に家を建てる場合には、次の4つのポイントを考えながらプランニングすることが大切です。
また、土地購入前に、家づくりの担当者に「この土地でどのくらい希望のプランを実現できる家が建てられそうか」などをきちんと確認しておきましょう。

ポイント1「日当たりなどの採光性」

都心部にあるコンパクトな土地で多いのが、敷地のすぐ隣に建物があるような条件の土地です。
また、広い土地であれば南側からの日差しを家の中に取り入れるために、建物を土地の北側に寄せるなどのプランが可能ですが、コンパクトな土地だとできないことも多いもの。

日当たりをしっかり確保できるのか。
―確保しにくいなら、どうやって窓を配置して室内に日差しを届けるのか。

考える必要があります。

具体的には、
リビングを2階にする
小さな吹き抜けを作り、2階の窓からの日差しを室内に取り入れる
などの対策があります。

ポイント2「プライバシーの確保と防犯対策」

コンパクトな土地の場合、すぐ近くに道路があるような条件の土地も少なくありません。
そうなると、考えておきたいのがプライバシーの確保や防犯対策

北面道路なら道路側に窓を作らないプランもいいでしょう。
また、南面道路なら、リビングを2階にすれば道路からの視線を避けられます

ポイント3「駐車スペースの確保」

車を持っていて、駐車スペースも欲しい場合は、コンパクトな土地になると考えなければいけないことがたくさん。
特に駐車スペースは、乗っている車の大きさによって変わりますし、前面道路の幅が狭い場合には少しゆとりを持って広さを確保しておきたいところ。

目安としては、停めたい車の車幅プラス60〜120cmが確保できるようにしておきましょう。
(ドアを開けるのに最低限必要なのが60cm。車の両側のドアを開けたいなら、120cmが最低必要になります)

まとめ

コンパクトな土地は、どんなふうに家を建てればいいのかを購入前にしっかりと検討するのが、失敗しない家づくりで大切なこと。
ぜひ、気になる土地がある方は、気軽にクレバリーホームまでお問い合わせください!

展示場紹介

豊田秋葉展示場
豊田市秋葉町3丁目71
長久手展示場
長久手市岩作長鶴50 CBCハウジング長久手住まいの公園
蟹江展示場
愛知県海部郡蟹江町北新田1丁目60番地
名駅北展示場
名古屋市西区菊井1丁目23-18 CBCハウジング名駅北展示場
小牧中央展示場
小牧市間々原新田字下新池978
東郷春木展示場
愛知郡東郷町清水2丁目10-4
名古屋東展示場
名古屋市天白区植田東3-1101(植田東小学校前)

関連コラム

SNSフォロー

人気記事